スタッフインタビュー Interview

今坂優香
Yuka Imasaka
POOLSIDE 相鉄ジョイナス店
アドバイザー
2010年入社 POOLSIDE相鉄ジョイナス店 今坂優香

入社前と入社後のギャップはありましたか?

就職活動中に「この靴だったらこう売りたい」と思いながら店舗見学をした記憶があります。でも実際には思い描いているようには売れません。お客様は私とは違うシーンや洋服と合わせることを考えていたり、お客様の反応がよくても販売に結びつかないこともあって、『一足を売る』ことが簡単ではないと日々実感しています。お客様にいかに気に入っていただき、納得して買っていただけるかはスタッフしだいなので、『売る』というより『お店にいる時間を楽しんでいただく』接客を心がけています。

入社後、一番苦労したことは?

フィティングです。人間の足は十人十色なので、お客様が気に入った靴が必ずしも足に合うとは限りません。しかし、私のような経験の浅い社員でもお客様にとっては靴のプロ。できる限り力を尽くして、お客様が履きやすくなるように努めています。

仕事で楽しいこと、辛いことは何ですか?

お客様との時間ももちろん楽しいですが、スタッフ同士が協力して仕事を進められたときがとても楽しいですね。例えば、私がバックヤードでお客様の靴をご調節している間に、他のスタッフがお客様のお相手をしてくれて、もう1足お買い上げにつながったり、逆に自分が他のスタッフの販売の手助けができたり。自分の売上だけを考えていたらできないことなので、とてもうれしいですね。辛いのは、ヒールが高い靴で1日中仕事をすること。ヒールが高い靴には慣れているつもりでしたけど、1日中立っていることは学生時代にはなかったので、最初の頃は足が痛かったです。1ヵ月くらいで慣れてきましたが、ぜひ男性社員にも経験してほしいですね。

OFF TIMEの過ごし方

OFF TIMEの過ごし方

アルバイト時代にお店で着物を着ていたこともあり、着物が好きです。写真はいとこと京都に旅行したときのもの。『着物体験コース』を利用したのですが、京都の街を散策途中に雨に降られるというハプニングもあって、忘れられません。

ページトップ▲