スタッフインタビュー Interview

竹中 礼
Rei Takenaka
銀座かねまつ ルミネ横浜店
アドバイザー
2011年入社 銀座かねまつルミネ横浜店 竹中礼

なぜかねまつに入社したのですか?

学生時代、大好きだったプールサイドで親身になって接客していただいたのが、かねまつに興味をもったきっかけです。ヒールの高い靴が好きでよく履いていましたが、足の悩みが多く、いつも痛い思いをしながら我慢して履いていました。そんな時、POOLSIDEのスタッフの方が私の足を見て、合うもの、履きやすいものを選んでくださりました。それまで、靴はどれも同じと思っていた私にとっては目からウロコで、感激したのをよく覚えています。靴はお洋服と違い、1人1人のお客様の足に合わせた提案、接客が欠かせません。ここでなら質の高い接客を学ぶことができると感じ、入社を決めました。

学生時代にしていたアルバイトは?

学生時代の4年間、カフェで接客のアルバイトをしていました。毎日いらっしゃるお客様のドリンクを覚えたり、何気ない会話をするうちにお客様との距離が縮まっていくのが嬉しく、接客の楽しさを知ることができました。お客様の笑顔や、ありがとうと言ってもらえることにやりがいを感じ、接客で自分を磨きたい、と思わせてくれたのがこのアルバイトでした。このアルバイトの経験は、私にとってかけがえのない財産です。

販売で難しいことは何ですか?

自分にしかできない接客をすることです。お客様に言われた靴を探すだけではただの販売員でしかありません。会話の中から、お客様自身も気づいていない潜在的なニーズを見つけ、お似合いになりそうなもの、履いていただきたいものを自ら提案できてこそ本物の販売員であり、期待を超えた接客といえるでしょう。簡単そうにみえて実は非常に難しい事で、今の私の課題でもあります。ですが、自分の提案した商品をお客様が気に入ってくださった瞬間ほど嬉しいものはありません。それこそが接客の醍醐味です。またこの人にお願いしたい、と思ってくださるお客様を1人でも増やせるように、日々自分との戦いです。

OFF TIMEの過ごし方

OFF TIMEの過ごし方

休みの日は友達と買い物に行ったり、会社の同期と遊びに行ったりします。写真は店のスタッフの歓迎会で飲みに行った時のものです。ルミネ横浜店では飲み会が大好きなスタッフが多く、何かと理由をつけてはワイワイやってます。

ページトップ▲